旧東ドイツの個人旅行を専用車でご案内します!!






旧東ドイツ周遊個人旅行

ドイツでリムジンサービスの日本人ドライバーガイドとして働き始めてからまだ半年ほどしか経っていない
1992年の夏、以前にドイツ、スイス、オーストリアをご案内したことのある若い女性3名様を
旧東ドイツ周遊の旅にご案内した。

以前にも東ドイツ周遊ツアーはあったものの、まだまだ少ないものであったし、私も日本人ガイドとしては
数少ない東ドイツの観光案内ができるガイドの一人であった。

当時は、ベルリンの壁が開いてから世界中からの観光客が急増し、どこの町もホテル事情が非常に悪く、
旅行するには、ホテルの確保が最大の課題であった。今のようにインターネットなどあるはずもない。

一応、ドイツ統一はなされていたが、インフラがまだ整っておらず、あちこち工事現場だらけ。

まだ東ではコンピューターどころか、ファックスさえもないホテルもあり、
それまで集めた資料を使ってホテルを何とか確保したが、特にベルリン、ドレスデンは
ホテル事情が非常に高く、現地で見つけることにする。
ほとんどがシャワー付のみで、トイレ、シャワーさえも共同というホテルも多かった。
というわけで、最悪の場合は民宿を紹介してもらうしかない、という状況のもとで
出かけることにした。

まあ、そういう事情ですからということで、若い女性たちだったので納得して頂く。

スケジュール
1日目:ベルリン空港−ベルリン泊
2日目:ベルリン観光−ポツダム観光ーベルリン泊
3日目:ベルリン−ドレスデン観光−ドレスデン泊
4日目:ドレスデン−ザクセンのスイスードレスデン泊
5日目:ドレスデン−マイセン−ドレスデン近郊−ドレスデン泊
6日目:ドレスデンーライプチッヒ−クヴェドリンブルク−ヴェルニゲローデ泊
7日目:ヴェルニゲローデ−ワイマール泊
8日目:ワイマール−ヴァルトブルク城−アイゼナッハ泊
9日目:アイゼナッハ−フランクフルト空港

7日目、ワイマールに移動する途中で、東ドイツ時代に一度訪れた鍾乳洞と、
バルバロッサの記念像があるいうキーフホイザーに立ち寄ってみた。
若い女性たちのパワーはすごいなー。おじさんは完全に負けています。

ドレスデンのホテルは予想通り全く取れず、結局エルベ川沿いの民宿に泊まることにした。
一人当たり朝食付で25マルク(約1,800円)。安いことは安いが、トイレ、シャワー共同で、
タオル代として50ペニヒ(約40円)の追加料金を取られた。
うす汚いことがなかったので、これはこれで良かったと思う。

アイゼナッハのホテルもバス、トイレは共同で、ベッドは病院にある様な鉄製のベッドであった。

その時代、そういう状況だった、ということで・・・・。

壁が開いてから20年以上経ってしまった現在では、ホテルが取れないということはめったにないし、
ましてや、民宿に泊まることなど、ハノーヴァーとかフランクフルトのメッセ以外では考えられない。

今となってはいい思い出になったと言える。

まあ、これも、若いお客様たちであったからこそ許してもらえると思うが、お年を召したお客様となると
いくらなんでもできそうもない。










ドイツのリムジンサービス・ハイヤー藤島
Junichi FUJISHIMA
Vogtgasse 4
69181 Leimen, Germany
Tel:0049-(0)6224-72630
Fax:0049-(0)6224-74591
携帯:0049-(0)172-6200878
e-mail: fujishimatour@gmail.com
HP:http://www.fujishimatour.com