ドイツのフランクフルトやケルンなどでドイツ語通訳をお探しの方はご相談ください!!








5秒後にジャンプします。
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://www.fujishimatour.com


ドイツでの通訳の話 その1

ドイツ語通訳としてのフランクフルト、デュッセルドルフ、ケルンなどのメッセ(見本市)、あるいは、会社訪問、商談、工事現場などでの
通訳を始めてからしばらくなる。

と言っても正確には、85年の末に西ドイツに出て、ツアーガイドをし始めたのが86年の春、そしてドイツ語通訳としての活動はそれ以降なので、
長いといえば長いが、それほどでもないと言えなくもない。

何しろ、30年以上ドイツでの現地通訳をしている方がいらっしゃるのだから、私などは洟垂れ小僧みたいなもんだろう。

それでもご用命があれば、どこへでも出かけているし、何でも引き受けることにしています。
早い話が、便利屋さんみたいなもんです。

ドイツでハイヤーとして登録された専用車を利用したリムジンサービスと旅行案内のツアーガイド、そしてドイツ語通訳を全て兼ね備えて
一人二役、時には三役の仕事を一人で引き受けているので、お客様にとっては非常に便利ではあるはず。

これが、大手旅行会社を通じた場合には、専用車と通訳ということで、2倍以上の費用がかかるのです。

「でも通訳というのは一体何だろう?」と考えさせられることがある。

ある人に言わせれば、お客様の食事の際のケア、ホテルのチェックインなどは通訳業務ではなくてガイドの仕事である、と言う意見もある。
「私は通訳であって、お客様のケアをする添乗員、あるいはガイドではない」と言う理由である。

大体添乗員、ガイドなどというのは、お客様が全くこちらの言葉が話せず、チェックイン、食事の際にも困るからこそ
必要なわけで、そのためには絶対に必要不可欠の語学ができなければならない。

そういうわけで、添乗員やガイドは通訳という能力を兼ね備えていなければならないと言うことになる。

少なくともその際の状況においては。

逆に、「語学ができれば、何でもできるということになるのか?」と言うとそうではないだろう。

ガイドなる者は、町の名所の説明はもちろん、ホテル、レストランの場所、そして何よりもお客様を楽しませるテクニックを
学んでいなければならないだろうし、添乗員は旅行スケジュールを円滑に、しかも十分にお客様に楽しんでもらえるように
進行させる役目を担っている。

そして、通訳は、ある人がある人、あるいは大勢の人たちに、正確に市場を交えずに正確に伝達するのが仕事である。

まあそういうわけで、添乗員、ガイド、通訳なる者は、それぞれ違った役目を担っているのではあるが、
それが同時進行することがあるし、させなければならないこともある。

たとえば、ガイドとして団体のお客様を案内している時に、その中の一人が急に倒れた場合、
当然救急車を呼んだりすることになるが、「いや、それはガイドの仕事ではなくて通訳の仕事です」、
「いや、これは通訳の仕事ではなくてガイドの仕事です」、というわけにも行かないし、通訳で呼ばれた人がバスで移動中に、
「ちょっと現地の事情を話してください」、と言われた際に、「それはガイドの仕事です」と言うわけにもいかないだろう。

それでも、通訳を専門として活動をされている方も多いと聞いてはいるが、ほとんど出会ったことがない。
おそらくは、そういう人たちは通訳業務を専門にしており、ガイド業とは縁のない方たちなのでしょうね。
中にはすごい人がいて、一日ン(二桁)万円要求するそうで、「高いですね」、と言うと、
「私のドイツ語はそれだけの価値があります」、と応えるそうな。
そういう風に言ってみたいし、それでも来て下さい、と言われてみたいものである。

グヤジイ!

通訳には大きく分けて、ある程度聞いた後で話を中断させて訳す逐次通訳と、話をそのまま中断させずに
どんどん訳して行く同時通訳がある。

この同時通訳をする人はすごいと思う。

もちろんかなりの訓練を積まねばならないのだろうが、全ての単語を理解して訳しているのではないだろう。
ある程度の分からない単語を全く無視しながらも、聞いている人たちには全く違和感のないような言葉を使い、
しかも筋道を立てながら話しているのだから、はっきり言って化け物かと思う。

この同時通訳を初めて見たのは、アポロが月に行った時に、NHKがNASAを通じて放送した、宇宙飛行士たちの実況中継であった。

「ハロー、ヒューストン。ナントカ、ナントカ、全て順調です」「ナントカナントカ、全てゴーです」

その当時はまだ何とも思っていなかったのだが、このような仕事をし始めてから、同時通訳というのは
すごいなと思うようになった。

聞けば、国連のブースで同時通訳をする人は、30分交代で行うそうである。
それだけ神経を集中しなければならないだろうし、疲れることだろう。

最近、イラクとか、アフガニスタンなどの報道で、英語をドイツ語に同時通訳をしているのを、
頭の中で日本語に訳すことを試みたりしているが、それを声に出して話すほどにはなっていない。

もっと早くからこういう練習をしておけばよかったと思っている。








ドイツの個人旅行、手配旅行、
ドイツ語通訳のリムジンサービス藤島
MIETWAGENUNTERNEHMEN
JUNICHI FUJISHIMA
VOGTGASSE 4
69181 LEIMEN、GERMANY
Tel:0049-(0)6224-72630
Fax:0049-(0)6224-74591
携帯:0049-(0)172-6200878
e-mail: fujishimatour@gmail.com
HP:http://www.fujishimatour.com