車椅子でドイツ旅行をお考えの方はご相談ください!!






ホテルの話 その4

1999年にインターネットを見て私にドイツ旅行を依頼をして来たご家族が二組いらした。

一組は横浜のN様、もう一組は広島のO様、どちらも五名様で、車イスの方が一人いらっしゃる、
という話だった。

こちらとしては荷物をなるべく小さめにまとめて頂ければ、車イスは車に乗るから大丈夫ですが、
ホテルに関しては、ヨーロッパのホテルには結構玄関に段差があったり、エレべーターがないホテルが
あったりするので、車椅子の人がいるので絶対にそれに合うようなホテルが必要ですよ、とお伝えする。

ドイツはバリアフリーが発達しているとは言え、完全と言うわけではない。

N様はそれぞれ宿泊する町のホテルのリストを値段も含めて私に送ってよこし、私は、ここはいい、
よくない、ここが取れなかったらここにしてもよい、というコメントを沿えてアドヴァイスし、
旅行会社を通じて予約してもらう。

O様は、「ホテルは自分達で取るから結構です。」ということなので、「車椅子の人がいるので旅行会社には
絶対にそれに合うようなホテルを取るように、と必ず言っておいて下さいね。」と連絡する。

この話は2〜3回したと思う。

旅行が始まってからは、N様の方はエレベーターがちょっと狭く乗り難かったことを除けば全てオーケーだった。

車椅子にお乗りになっていたご主人は90キロ近くあり、息子さんとお孫さんと私で、「よっこらしょ」と
やることはあったが、まずは順調に旅行を終え、皆さんに本当に喜んで頂けた。

反対にO様の場合は、ご主人が旅行会社に奥様が車椅子を使用している、ということを伝えたのだが、
旅行会社に全くそれを無視された形になってしまった。

特にひどかったのがローテンブルクとフュッセンのホテルであった。

どちらもエレベーターがついておらず、ご主人、あるいは私が抱えて階段を上らせられる羽目になってしまった。

フュッセンに至っては四階まで私が奥様を抱えて階段を上ることになった(いい運動になった)。

私はいいとしても、ご主人は既に60才を超えている。

ホテルに「車椅子の人がいる、と聞いていなかったのか?」と問いただすと、「そういうことは全く伺っておりません。
あらかじめ知っていたならば、そういうお部屋をご用意致しました。」

「うちにはエレベーターがございません。」という答えだった。

手配会社にその旨ファックスを送ると、「車椅子ご使用の方に関しては、それに合うようなホテルをご用意する
保証はできません。」という返事が返って来た。

「長年契約しているホテルであれば、どのホテルにエレベーターがなくて車椅子の方には向いてない、
ということがわかりそうなものだろう…。一応毎年アンケート調査したり、スタッフが見て確認しているのだから。
それ以上に、頼んでおいたのにいつのまにかホテルにその話が伝わっていない。
そして保証ができない、という返事はごまかしだ。」と思う。

O様はそれでも旅行自体には満足していらしたようであるが、「帰ってから、弁償しろ、ということではないが、
言うべきことは言わしてもらう。」とおっしゃっていた。

当然だろう。 こういう場合、特にヨーロッパスタイルのホテルは本当に気をつけないといけない。









ドイツのリムジンサービス藤島
MIETWAGENUNTERNEHMEN
JUNICHI FUJISHIMA
VOGTGASSE 4
69181 LEIMEN、GERMANY
電話:06224−72630
携帯:0172−6200878
ファックス:06224−74591
e-mail: fujishimatour@gmail.com
HP:http://wwww.fujishimatour.com